AMH:抗ミュラー管ホルモンは、何から分泌されている?

AMH:顆粒膜細胞

おち夢クリニック名古屋

AMHを分泌している卵胞、いない卵胞

AMH が分泌さている卵胞と
分泌されていない卵胞が卵巣の中にある。

AMH:抗ミュラー管ホルモンは、卵巣内にある前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモンです。
そのため、AMHの値が高ければ卵巣内にある卵胞数が多いということになり、逆に低ければ卵巣内にある卵胞数が少ないということになります。
当然、年齢が若ければ卵巣内にある卵胞数は多いのでAMH の値は高く、年齢を重ねるに従って卵胞数が減ることからAMH の値は低くなる傾向にあり、このことから卵巣年齢の指標になるとされているわけです。
しかし、AMH は、すべての発育卵胞から分泌されている訳ではありません。最初に言ったように「前胞状卵胞の顆粒膜細胞」から分泌されるホルモンであるということが重要なポイントになります。
原始卵胞が成長し、卵子として排卵されるまでには約120 日以上がかかりますが、その成長ステージは、原始卵胞から一次卵胞、二次卵胞、そして、前胞状卵胞、胞状卵胞、成熟卵胞と成長し、この成熟卵胞から卵子が排出されるようになります。さまざまな成長ステージの卵胞が卵巣の中にあり、AMH が分泌される前胞状卵胞、胞状卵胞もあれば、それ以前のステージであるAMH が分泌されない二次卵胞、一次卵胞、原始卵胞もあるのです。
ですから、AMH の値が高いというのは、AMH を分泌している卵胞の数が多いということから、AMH を分泌していない卵胞数も多いだろうと予測しているわけです。その逆にAMH の値が低ければ、AMH を分泌している卵胞数が少ないから、AMH を分泌していない卵胞数も少なくなっているのだろうと予測するのです。
最近では、AMH の値が低いと「早く妊娠するように積極的な治療が必要だから、早く体外受精をした方がいいよ」という話が、まことしやかに流れていますが、それは違います。
では、何が違うのか?これから、そのお話をわかりやすく進めていきましょう。

  NEXT胞状卵胞ってなに?
卵胞がいっぱい!

テンプレートのpondt