AMHとFSHの値における治療法

AMHとFSHの値における治療法

おち夢クリニック名古屋

さて、これまでのお話で、AMHについて、よくわかっていただけたことと思います。
体外受精を成功に導くためには、卵子の質が重要なポイントとなります。採卵して、受精させて、移植して、「ハイ、よし!」ではないのです。
採卵するための事前の準備、採卵するための方法、そしてその治療周期の方針、これらのことをより丁寧に診て、決めていかなくてはなりません。
そのために おち夢クリニック名古屋では、AMH の値とFSHの値から、治療方法や治療方針を判断していきます。
それは、以下の3点です。

前周期、前々周期の卵巣のリセットのため、ピル投与・ストイックカウフマン療法の方法を前周期のAMHの値で判断しています。

採卵周期の前周期のAMHの値で、どのような治療方法(クロミフェン周期、フェマーラ周期、ドラッグフリー、エストロゲン etc)を選択します。

採卵周期のAMHの値で月経8日目以降の治療方針を決定します。

 

AMHの値を検査することで、これまで以上に1人1人、その周期にあった方法で治療をすることができるようになりました。妥協せずに、一歩ずつよい方法を取り入れていくことが、あなたが健康で、安全で、安心してママになるために必要なことだと考えています。

AMH の値が低い ≠ 早く体外受精前

テンプレートのpondt