AMH の値とFSH の値

AMH の値が、高かったら安心していい?

おち夢クリニック名古屋

AMH は、前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されます。
前胞状卵胞からはFSH に依存して成長するようになりますので、FSH の値にも注目してみましょう。
FSH は下垂体から分泌されるホルモンですが、年齢が高くなると卵巣機能が低下してきてきますので、多くのFSH を分泌して卵胞を成長させるようにと卵巣を刺激します。そして、年齢を重ねるとともに、卵巣に残っている卵胞数が少ないのでAMH の値は低くなります。
つまり、年齢を重ねて閉経が近づくにつれて、FSH の値は上がり、AMH の値の下がります。しかし、年齢を重ねても卵巣機能に問題がなければFSH の値は正常で、AMH の値は低いという状態になり、このことから、FSH の値とAMH の値が相関しないことがわかります。また、FSH が高い値になるのは、本当に卵巣予備能が低くなってから上昇してくる傾向にあることから、上昇してきたときには時すでに遅く、手遅れという状況であることが往々にしてあるのです。ですから、年齢を重ねていてもFSH の値が低いから「まだ大丈夫」とは決して言えません。
しかし、AMH は、何周期も、何年も前から「少なくなってきたな…」と予想ができるので、検査をすることがとても大切なのです。

AMH の値が、高かったら安心していい?前

NEXTAMH の値は、いつも同じ?

AMHの値が低下してくる

ママになろうリンクサイトマップ

テンプレートのpondt